26355964730_d5d16d6dac_k

ズーラシアのバードショーで撮ってきた!

AFサーボ(AF-C)とダイナミックAFエリアを使う。

鳥は被写体が小さければ、小さいほど撮りづらく。スズメクラスの鳥ともなると、300mmのレンズでも小さくしか写りません。

コンティニュアスAFサーボ(AF-C)

よこはま動物園ズーラシアは、メジャーな動物の大半が見られ、800円で開園から閉演まで楽しめる場所です。

バードショーは飛び物撮影の練習にもってこいなので、1年に1回ぐらいは行くことにしてます。

横向きの撮影は比較的簡単。

考えてみればわかりますね。焦点距離がたいして変わらないからです。観察さえしっかりしていれば、AF-Cでなくても撮れます。ダイナミックAFモードで十分撮れます。

Female Bateleur, Getty Take-off!!! : テイクオフ!!!

正面は難しい。

正面から撮る場合、鳥は手から離れた瞬間から、時間とともにレンズに近づきます。AF-C、ダイナミックAFエリアの設定が無難かと。

猛禽類は羽が長く、フレームアウトしやすいです。
最も難しい。ギリギリのフレーミングです。

Female Harris Hawk, Akari in Flight : ハリスホークの朱里(あかり)の飛翔

大きな鳥は撮りやすい

ハリスホークの朱里の飛翔。

Female Grey Parrot, Teru in Flight! : ヨウムのテルの飛翔

小さな鳥は撮りづらい

最も賢い鳥といわれてます。

まとめ

あああ 参考になれば幸いです。

本日はこのレンズで撮りました。買ってよかった。このレンズ。

野鳥、動物園、樹木の花といった手の届かない場所だけなく、マクロ撮影にも重宝してます。

TAMRON 望遠ズームレンズ SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD ニコン用 フルサイズ対応 A005N B003YUBTIA

Amazonで詳しく見る

動きモノを撮りたいなら、デジタル一眼レフ中級機以上でスタートアップを!

これは自分の自戒をこめて書いてます。D7000に手が出せず、D5100で妥協したことを後悔しました。数万円をケチったばかりに、ずいぶん時間を無駄にしたように思います。 D5000番台とD7000番台は静止した被写体をとる場合、さほど結果は変わりません。でも、動く被写体をとる場合は著しく結果が異なります。本格的に写真を撮りたい方は、D5500を買うよりも、D7200を購入したほうが満足度が高く長く使えることでしょう。 予算のない場合は、中古のD7100というチョイスもいいと思いますよ。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D7200

B00U5NQJNY

Amazonで詳しく見る

おまけ

Female Harris Hawk, Akari and Bird Master Girl : ハリスホークの朱里(あかり)とバードショーのお姉さん

バードショーだけでなく、ズーラシアはきれいなお姉さんが多いです。職員の方の撮影は構わないとのことなので、きれいなお姉さんを見かけたら声をかけてみてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中