23915018170_a0984f4e89_k

コスパに優れる中古ワークステーションが快適すぎた。

ヤフオクでLenovo ThinkStation S20を2万円以下で落札した。

2015年の年の暮れ、ヤフオクでLenovo ThinkStation S20なるリース落ちのワークステーションを落札しました。CPUは古いとはいえ、Xeon W3550 (3.06GHz)、グラボはNVIDIA FX3800、RAMは16GBなので快適です。

レンズを買う予定で貯金していたのだが、PCが遅すぎる。

単焦点レンズが好きなので、Nikon AF-S NIKKOR 28mm f/1.8Gを買う予定で、細々と積立をしていたわけなのですが、PCがあまりに古く、スペックが低いために、RAWデーターが開きません。JPEGデーターですらレタッチに時間がかかりすぎます。

頭にきて、新しいPCを買うことにした!

総予算4万円ぐらいで、新しいPCを買おうと思ったのだけれど、以前Lenovo H300を買ってすぐに使えなくなったことを思い出しました。

スペックの低いPCはすぐに使えなくなる。そこで…。

リース落ちのワークステーションなら、新品の4万円のデスクトップPCよりスペックと拡張性が高いだろうという理由。

Lenovo ThinkStation S20

中古のLenovo ThinkStation S20(ワークステーション)を買った。

蓋を開けるとこんな具合、右下の黄金に光る物体はXeon W3550のヒートシンクです。

  • CPU: XeonW3540
  • RAM: 4GB (最大24GB)
  • HDD: 250GB
  • DVD
  • GPU: FX3800
  • OS: Windows VISTA

RAMは4GBのDR3 1333のメモリを4本増設して、16GBに増やしました。

拡張性が高いうえに、RAM、HDDの増設はドライバーを必要としません。とても楽です。

古いとはいえ、CPUはXeonは速い!

Xeon W3550 (3.06GHz)、グラボはNVIDIA FX3800の組み合わせは、第3世代のCore i7にこそ、速度は劣りますが、i5に比べれば十分速いものです。

Photoshopの作業は瞬時に終わります!

i5搭載のPCは5万円では変えません。

想定外のいいこといっぱいあって…

Youtube動画を10個ぐらい開いても
Bluetoothのヘッドホンが落ちることがない。

結論:中古ワークステーションは買い!

15万円ぐらい予算があれば、新品の高速レタッチマシーンが手に入ると思いますが、予算がない場合はリース落ちの中古ワークステーションはコスパが高くお勧めです。

ショップから購入すればリスクも比較的安心。とはいえ、購入される場合は、自己責任でどうぞ。

2016年8月7日追記

今のところ、支障なく快適に動いてます。このスペックが、RAM増設合わせて4万円以下で買えるなら、申し分のないスペックだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中